スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年3月号 短13山本善章氏作 


いかにも合駒の出てくる初形なのですが、合計5回も合駒が出るのには驚かされます。基本的に安い駒の選択になりますが、二歩の関係などもあって、後のことを考えると単純に歩合では済まないのが難しいところですね。

誤1 無2 A27 B17 C1 平均2.57

41飛、21香、22銀、同玉、31飛成、13玉、33龍、23香打、31角成、22歩、23龍、同玉、41馬、32香、26香、25桂、同香、13玉、23香成、同玉、32馬、同玉、42歩成、23玉、24香、13玉、25桂まで27手。

○○包○-易しい合駒問題。「ウソ2手目の合駒で苦労したくせに」最後は短打の出る23玉が作意でしょう。
○原○-大駒が消えるので解後感は悪くないと思う。
○○健○-☆合駒調べが楽しい。大駒が消えて爽やかな終局。
○賀○○-小味な合駒、馬もアクビ、大技がほしかった。地味な作ともいえる。
柿○○○-26香、25桂合としてからの桂香の使い方は良い。
○坂○-☆13手目41馬がちょっと気づきにくい、いい手。飛び道具の大駒と小駒の見事な闘いという感じ。
○○○○得-合駒を駆使して必死の抵抗は見ごたえ十分。
○○武○-龍馬の大駒2枚を桂香の小駒2枚に替えるのに手間がかかります。でも面白い。
○○徹-13手目41馬が急所。これに気づけば。
斎○○○-収束がおしい。
○○司-アッサリした構図なのに、かなり変化が多い。
○○○衛-合駒の綾、変化多く楽しめる作品。
○保○○-妙手じゃないよ力だよ。
○○卓○-完成品という感じがします。
○○静○-☆攻防とも香の魅力を存分に引き出している。
○鬼○-☆合駒を狙いにした軽妙な作品、気持の良い手順です。
○沢○○-次から次へと合駒を読まされる。つい桂の捨合もうっかりしてしまいそう。
西○○-41馬が盲点になって苦戦した。
○骨○-打歩に導く変則合の香香歩合が面白い。
○○忍-☆初手31飛から読まされた。限定合5回に満足。
○○登-うまい配置。

☆31に成る余地を残して一間離した41飛から始まり、次から次へと合駒が飛び出します。21合は積極的に23に利かせるため、23合は後の22合に歩を使うため、というように、意味付けが分かれば楽なのですが、これだけ続くとさすがに大変なようです。

統一感のある手順ですね! → banner_04.gif
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://melonsky.blog9.fc2.com/tb.php/1012-360fc054

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。