スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年5月号 短22岡島民雄氏作 


配置の雰囲気が良く、いかにも面白い手順が出てきそうとでも言えましょうか。ところどころにちょっとだけ意外性のある手が入っていて、全編良い流れでまとめられていると思います。

誤1 無8 A22 B18 C2 平均2.47

21銀生、同玉、13桂、11玉、22角、12玉、33角生、23玉、32飛成、13玉、22龍、14玉、11龍、13銀、15歩、23玉、35桂、同龍、22角成、同銀、14龍まで21手。

○○包○-ああそうか、それで46桂が有るのか。危なく19手にする所でした。
○○健○-不成とソッポ行きのミックス。8手目に13玉で填りかけました。
太○○○-9手目途中下車が面白い。
○賀○○-角不成と龍のソッポ行きを軸に旨くまとまっている。
柿○○○-☆ネバリの無い持駒をうまく駆使している。
○坂○-33角不成から11龍が歩詰解消のうまい手。
○○○○得-13桂は普通に追うと本当の打歩になるので早々に撤収したのが運の尽き。
○○武○-11龍に対する13銀合が唯一の見せ場、少し物足りない。
斎○○○-キラリと光る33角生。
○○司-流れに乗りやすかったので、スラスラ解けた。
○保○○-上に逃さない初手が決まると筋に入る。
○○卓○-☆後半は文句ない!序はちょっと軽すぎたか?
○○静○-導入部が見えると楽。
○沢○○-33角不成が意外性十分。
○○卓○-☆入りやすいので不成の筋や複雑さが苦ではありませんでした。
○○賢○-☆打歩詰、不成ばかりが打開じゃないさ。
○骨○-13桂の消し方と龍の動きが面白い。
○杏○-まとまっているがやや類型的で損をした。
○○忍-途中の2手稼ぎをうっかりしそうになった。
○○和○-☆打歩詰を回避するために複数の技を使う。角生だけでないのが値打ち。
○○登-絶妙11龍。

☆不成あり、ソッポあり。その中でもブレーキを踏むような32飛成がいい感触で、収束まで隙のないまとまりだと思います。この作者は信頼感が高い印象ですので、またいつでも投稿をいただきたいですね。

ご協力お願いいたします! → banner_04.gif
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://melonsky.blog9.fc2.com/tb.php/1035-1f6012b8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。