スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学習指導・備忘録 

担当している高2の生徒で、早稲田大学を志望している子がいます。今日授業があったのですが、本人の希望でこの先の勉強方針を話し合いました。最近物忘れが激しいですので、指導した内容をメモしておきます。

志望学科は早稲田大学教育学部英語英文学科。受験科目は英語・国語・日本史です。代ゼミ合格難易度は偏差値で63。配点は各50点ですが、英文学科だけに英語だけ1.5倍されるようですが、そのあたりがよくわかりません。

【英語】
試験はマークシートということもあってさほど難しいという感じではないですが、いかんせん量が多いという印象です。従って当面はひたすら長文を読み込むことに。電車用に速単を併用しつつ、2ヶ月3冊くらいのペースで長文集の読み込みです。夏休みに一気に文法を仕上げ、9月にはセンター過去問、10月からは早稲田の各学部の過去問を手当たり次第に。順調に行けばこんな感じですが、適宜調整をしつつ。

【日本史】
とりあえずあまり早い時期から必死になっても仕方ない科目だと思いますので、当面は本人が読んでいたという実況中継をぱらぱらっと読みながら、一問一答などを中心に。適宜教科書・資料集・用語集を併用。気合を入れるのは夏休み以降の英語の仕上がり具合を見ながら。

【国語】
漢文は古文の小問みたいな扱いで2問出るだけなので、時間を使うのはもったいない感じ。古文は本人が好きだと言っているので、お任せで。現代文が相当苦手なようなので、最小限の対策だけ。とりあえず春休み中に基礎的な現代文の参考書を1冊仕上げ、直接センターの過去問に接続。マーク式の選び方を中心に学習。

周りの子が日本史を勉強していたりして焦りもあるようですが、何はともあれ英語を上げないことには始まりません。夏休みまではとにかく英語に専念という感じですね。

この前の学年末テストの家庭科で、何を勉強していいかよく分からなかったので、私の言葉を思い出して、とりあえず教科書の音読だけやってみたそうです。するとなぜかいつもより成績が上がり、音読の効果を実感したようです。

こういう体験をすると、本人にとっても何かつかむものがあるでしょうね。これを活かして、この先も音読を重視させていくというのが基本方針になります。正直この3科目なら、ひたすら音読だけで何とかなると思うんですよね。

本人が自分でしっかり勉強のできる子ですので、相当の部分は任せつつ、適宜ペースメークだけしてあげればいいのでしょう。気分転換なども留意しつつ、しっかりとした指導をしていきたいと思います。

ご協力お願いいたします! → banner_04.gif
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://melonsky.blog9.fc2.com/tb.php/1069-1de4b86e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。