スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高認試験・傾向と対策 

ある校舎にてちょっと必要が生じましたので、高卒資格認定試験(旧大検)について一通りまとめておきます。

§1.総論
毎年8月と11月の2回、高卒資格認定試験が行われます。確か5月23日に8月の出願が締め切られました。11月の出願は9月にあります。
試験会場は各都道府県に1ヶ所ずつとなっており、愛知県では中京大学と愛知大学で交互といった感じだったと思います。

試験は1科目50分で2日間にわたって行われ、必修科目5科目と選択必修科目3科目の合格が必要になります。ただ科目ごとに合格していくことができますし、一度合格した科目はずっと有効になりますので、何回かに分けて取得していくことも可能です。

試験はマークシート方式で、公式の発表ではないのですが、毎回40点以上が合格となるようです。あまりに平均点が高かった際には合格点が上がることもありますが、40点より下がったという話は聞いたことがありません。

以下に各科目の印象と対策などを考察していきます。

§2.必修科目
【国語】
基礎的な現代文(50点)・古文(25点)・漢文(25点)で、まず落ちることはありません。普通に本など読める、普段から読んでいるような子ならば、特に対策も必要ないと思います。

【数学I】
方程式と不等式(35点)、二次関数(30点)、図形と計量(35点)で、出題内容も毎回ほぼ安定しています。ただ最近は少しずつひねった問題が見られるようになりました。それでも過去問を中心に解法のマスターをしておけば、十分に対応できると思います。

【英語】
旧大検時代は選択科目だったのですが、高認試験となって必修化され、厄介な科目になっています。英検でいえば準2級より易しいくらいのレベルですが、付け焼刃的な勉強では対応しにくい科目で、なかなか大変です。
ただ、大問1の会話文中で強く読む語を選ぶ問題(6点)、大問2の会話文の流れで適切な発言を選ぶ問題(20点)はいずれも会話文ということで読みやすく、ここをしっかり取れるようにすることが合格への近道だと思います。
全体的には、一語一句細かく読むというよりは、大雑把でもいいので内容を把握する能力が問われているように思います。そのあたりを考慮に入れながら対策をしていくべきだと思います。

【現代社会】
キーになるのは、20点以上の出題がある、グラフなどを見てその内容に合うもの・合わないものを選ばせる問題です。予備知識が必要ないので、グラフの数値さえ適切に読み取れれば正解することができます。しかもこれさえ取ってしまえば、後は確率的に40点を超えることは確実だと思います。

【世界史】
AとBのどちらを受験してもいいですが、普通はAを受けると思います。基本的にはヨーロッパの市民革命以降あたりが主な試験範囲ですが、まともに対策をしにいくと結構厄介な科目になります。
ただ、選択肢が簡単な作りになっていて、4択で3つは違う国のことが記述されている、という場面が目立ちます。従って、人名や地名を見てそれがどこの国のことなのか判別できるようにしておけば、結構簡単に40点は超えられると思います。

§3.選択必修科目
【地歴】地理・日本史から1科目
迷わず地理を選択です。過去の例でいえば、地理の平均点が70点を超えたのに、日本史の平均点は42点程度ということもありました。どちらでも40点取ればいいのですから、地理を取るしかありません。
これも普通にA科目を受ければいいのですが、これといった対策も必要ないと思います。普通にデータを読み取ったりという問題も目立ちますし、対策がしにくいという面もあります。勉強しておくとしたら、縮尺と時差の計算くらいですかね。

【理科】理科総合・物理I・化学I・生物I・地学Iから2科目
理科総合は絶対の軸になります。高校入試+α程度の内容ですし、物化生地から大問2問ずつ計8問の出題なのですが、うち4問だけ解答すればいいので、その場で解けそうな問題を選択すれば済みます。各大問は5題ずつの出題ですので、1問分かる問題があれば、あと4問中1問は確率的に当たりますので、これでぴったり40点です。過去問中心にちょっと練習しておけばいいでしょう。

もう1科目が悩むところで、現在の高認試験屈指の難関になっています。どうしても生物を選択する生徒が多いのですが、昨年の秋の生物が難しく、撃沈する生徒が続出しました。個人的な見解としては案外物理が狙い目で、基本的な計算の仕方さえ覚えておけば何とかなると思っています。

§4.まとめ
基本的に高認試験というのは落とすための試験ではなく、受からせるための試験ですので、勉強をしさえすれば必ず合格できます。出題の傾向も安定していますので、過去問を研究しながら対策を練っていくことが合格への近道だと思います。

ご協力お願いいたします! → banner_04.gif
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://melonsky.blog9.fc2.com/tb.php/1163-0cda6c1f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。