スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すっきり 

ようやく何とか原稿を書き上げ、送信しました。月に一度のすっきり感漂う一日です。結局半期全解は4名で、短大史上最も少ないかもしれないですね。半期賞を授賞する作品も決めたのですが、選考コメントはまた後日。忘れないうちに書いてしまわないといけませんね。

これで短大担当丸9年が完了、以前の高校担当も含めて10年となりました。解答者に対する段位制度が改定されましたが、担当者に対しては何かないんですかね。同人解説者とか、何かあっても良さそうなものですが、まぁそんな称号をもらっても困るんですが。

担当歴を評価しようと考えたときに、何を基準にするかが難しいところですね。単純に解説した問題数では大学や大学院が不利ですし、かといって解説した作品の手数合計ではミクロコスモスとか解説したら1回でえらいことになってしまいます。

一番いいのは解説を書いたページ数じゃないかと思ったのですが、自分の今までの解説ページ数なんか分かる訳もないような状態で、もうまさにどうでもいいような感じです。

先日の看寿賞の話でタラパパさんと小峰さんからコメントをいただきました。ありがとうございます。確かにこれは由々しき問題です。ただ選考委員は選考するのが仕事で、制度を考える権限はむしろ幹事会とかにあるんですかね。意見くらい聞かせてくれてもよさそうなものですが。

私も幹事の端くれですが、そのためだけに台風の来そうな神戸まで行く気にもなれないですね。とりあえず言いたいことはだいたい書いたと思いますので、しばらく様子見というところでしょうか。

首位復帰したいです! → banner_04.gif
スポンサーサイト

コメント

あれ?

6月号には短大はなかったと思うのですが(笑)。
小生も6月号掲載分から10年目に突入しました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://melonsky.blog9.fc2.com/tb.php/1219-82d0b9bd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。