スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選挙について考えてみた 

参議院選挙でした。選挙については以前から思うことがありますので、この機会に書いておきます。相変わらずのひねったアイディアですので、ご批判等大歓迎です。

【投票率アップのために】
だいたい投票率自体が低すぎますよね。国政選挙ですら60%行くか行かないかっていうのはどうなんでしょう。政策の違いがはっきりしないとか、入れたい候補者がいないとか言いますが、そんなのは言い訳でしょう。堂々と選挙に行って、白票を入れてくればいいんです。権利は行使してこそだと思います。

そこで、ちゃんと投票してる有権者に対して税制の優遇措置なんていうのはどうでしょう。本当は行かない人に不遇措置と言いたいところなんですが、優遇って言う方が聞こえがいいかな、と。そうまでしないと投票にすら行かないっていうのは情けない話ですけどね。

【1票の格差是正のために】
前にも書いたことがある気がするんですが、参議院はそもそも定数が少ない上に2回に分けて選挙ですから、なかなかうまく定数が割り振れないですよね。そこで発想の転換です。

毎回同じ定数で選挙するから割り振りが難しいのです。例えば今回は1人・次回は2人っていう交互の選挙区があってもいいじゃないですか。最低2人っていうのは仕方ないところですが、合計で奇数もありにすれば、少しはましになるのではないでしょうか。


もう一つ何か考えたような気もするのですが、忘れちゃいました。


どうやら自民惨敗の模様です。どうなっていくんでしょうね。

ご協力お願いいたします! → banner_04.gif
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://melonsky.blog9.fc2.com/tb.php/1238-705e61d3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。