スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年5月号 短22川畑義美氏作 


間接的に攻方王を睨む12角が曲者で、すぐにも詰みそうな初形なのになかなか大変です。選題稿を編集部に送った後で作者から改作図が届いたのですが、原図の方が優れていると判断し、作者にお願いして原図での採用とさせていただきました。

誤1 無9 A31 B9 C2 平均2.69

15銀、同玉、24角、26玉、37銀、25玉、36銀左、同と、26銀、34玉、33金、44玉、43金、54玉、44金、同玉、45香、34玉、33角成、同歩、25飛成まで21手。

○○包○―変化も逆王手の紛れも有って面白いが、17手で再考。33金を見つける。
○○健○―不自由な飛、それでも睨みは凄いよ。おかげで、上部脱出は出来ませんね。
s○―玉方12角の睨みで身動きのとれない飛車をいかにして世に出すか。序盤の見事な銀捌きから、最後の最後に23飛が動いて詰め上がるまで、手順に緩みが無く素晴らしい出来。
○○○庵―26銀と上がって、一本と思ったら、まだ決まらない。相手の香を逆さに使って、かねての角成を実現して、ジエンド。42角から入ると、33桂合でダメのよう。
太○○○―☆タダの所に銀を打ち、さらにタダの所に移動させる活用が絶妙。
○○寺○○―★5手目に気付いた時は巧いと思いました。ベタッと打つ金の妙味。香の配置が仇になるとは。
○賀○○―26銀が旨い手、双玉の味が生きた作。
柿○○○―玉方12角が良く効いている。45香と打って、やっと飛が動ける様になる。双玉の面白さ。
○○徹―苦戦。10手目34玉で不詰と思っていたので。
斎○○○―33金と重く打って44金と軽く捨てる所がハイライト。
○○○○○才―12角の睨みが強力。最後に45香と打ててホッとする。
○保○○―☆まず25銀に紛れて、37銀が見えても、33金が見えず。まいった。
○○卓○―他の発表場所なら17手解があるかも。
○○静○―好手が随所にちりばめられている。
竹○○○―銀の連続捨てからうまくまとまってますね!
○○偉―36と型を作るのが主眼と思うが、それ以降の纏め方が疑問で、前半と後半が分裂している印象を受ける。
○沢○○―3手目24銀ではどうしてもつかまらない。9手目の26銀が見えず大苦戦。今月のベスト。
○○賢○―鋭い26銀の後は緩めのスロープだが、角筋に入っている緊張感は45香までほどけない。
○○清○―あらゆる所で、輻そうして、手順に錯覚する。7手目36銀左から26銀と、と金とと金の間にはい込む手筋などである。攻防の一手が困難な手である。肩がこりっぱなしになってくる。くたびれる。
○骨○―銀を巧みに使い詰上りも気持よい。
宮○○○―37銀~26銀の拠点は取れない。銀強し。
柳○○○―36銀左~26銀は気持ち良い手。
○口○―絶妙手26銀。取れない!
○○和○―☆3手目42角や24銀の有力手があり迷う。37銀から26銀が絶妙の手順。収束も申し分なし。
○○登―24角は盲点。

☆37銀から26銀と捨てる手触りが良く、33金と重複感たっぷりに打ち込むのも好みの手触りです。僅差ながらこの月の平均点トップとなり、こちらの図を選んだ責任上、ほっとしたものです。こういうのはハラハラしますね。

首位復帰にご協力を! → banner_04.gif
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://melonsky.blog9.fc2.com/tb.php/1247-fc12ce73

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。