スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年7月号 短2中嶋智志氏作 


比較的簡素な双玉図ですが、31香がこっそりと攻方玉を狙っていますし、持駒も不自由そうな駒ばかりなので、なかなか大変です。逆王手を恐れないことと、その後の合駒読みあたりがポイントでしょうか。

誤8 無3 A27 B19 C3 平均2.49

22歩、32玉、43飛成、22玉、33角、12玉、42龍、32桂、22角成、同玉、33龍、11玉、23桂、12玉、13歩、同と、22龍、同玉、33角、12玉、11桂成まで21手。

秋○○○―☆玉方31香がのどに刺さったトゲのように、どこまでも痛い。
○○包○―香合でなく桂合、収束も良し。
○○健○―平凡?な42龍で苦戦。22への2度の大駒捨てに感心。攻方王の意味も面白い。
s○―作意手順、収束ともに作者らしいキレが感じられない。
太○○○―収束の龍→角の変換が鮮烈。
○○○○也―香の利き具合が絶妙だ。それによって生まれた33角が心地良い手。42龍の発見に骨が折れたが、収束を見た途端、その苦労も吹っ飛ぶ。
○賀○○―双玉の味チョッピリ、61飛はカヤの外。
柿○○○―双玉の香りは少し有る。42龍、32桂合としてからの大駒の捌きが良い。
神○○―☆桂合の頭に33龍と入る手ごたえがたまらない。そしてその龍を角に打ち換える収束とは素晴らしい終演だ。
○○武○―☆31香の逆王手を避けながらの軽快な捌きが気持ち良い、好作です。
○○徹―双玉なのに逆王手が出て来ませんね。
○○司―☆逆王手回避がテーマかと思いきや、合駒選択がメインとは驚き。
○○○衛―狭い範囲の玉なので易しい。しかし双玉作品はどうも好きになれません。
○○○○○才―22に角を捨てて33龍とし、その龍を22に捨てて33角を打つ。
○保○○―22桂合、12角合が牙をむく。
○○卓○―応手が開き王手になる43飛成が意外。続く32桂合も不思議。
○○静○―香合が本命と思ったが桂合は意外。
竹○○○―大駒捨てが2回入ってすっきり!
○○○弥―逆王手のからむ変化が最後迄続き驚く。
○○偉―32桂合をさせる構想は解りますが、テーマとしては弱すぎると思う。
○沢○○―32桂と合駒をさせてからは大胆な手順が可能になる。
○○○将―桂合まではスイスイだが、その後まるで見えず…情けない。
○宮○○―11の地点に玉が逃げられて苦労の連続。しかし、鮮やかな収束ですね。
○○賢○―42龍に対して香打合か桂合かの合駒調べに独特の雰囲気。双玉は続くよ何処までも。
○徳○―★32香合が本線かと思いましたが、桂合とはユニーク。また、それを逆用する攻めも巧妙で、双玉簡素図の佳品です。
早○○○―初手22歩は、むずかしい選択。33龍からはスッキリとした手順。
原○○―合駒は結構厄介でした。
○骨○―双玉ならではの逆王手からの駒捌きが美しい。
○沢○○―双玉は好きでない。
○橋○―8手目32香合だと同龍以下の香余り詰と、23角以下の歩余り詰が発生してしまうので。今回の選題は合駒がかぎとなっているようですね。
○○和○―9手目が考え所。23角が有力。桂の弱点を利用した33龍以下の収束はあざやか。
和○○―気持ち良い龍捨て。

☆42龍と王手したところで、反射的には32香打として角をピンしたままにしておきたいところですが、桂合が最善なのは意外な感じがします。その桂の頭に龍を乗せ、その龍を捌いての収束まで、実にうまくまとまっていると思います。

ご協力お願いいたします! → banner_04.gif
スポンサーサイト

コメント

完全に騙されました

誤解者のコメントまで
載せなくてもいいのでは?

載せるとしても
誤解と書いてもらえないと
作者に申し訳ないです。

コメントありがとうございます。

誤解者の評を一律にカットすると、極端に短評の数が少なくなってしまう作品があり、ケースバーケースですが、明らかに誤解と分かるような内容の短評以外は載せるようにしています。
今回のssさんの評は微妙なところでしたが、疑わしきは罰せず(違)ということで、掲載させていただきました。ご了承ください。

なお、解答者名を伏せるのを忘れておりましたので、慌てて直しました。申し訳ありません。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://melonsky.blog9.fc2.com/tb.php/1311-ba77d6d0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。