スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短評集完成 

何とか順調に短評集完成に漕ぎつけました。いちばん短評が多かったのが短15で、38ありました。解答者66名の6割近くが短評を書いてくれた計算で、ありがたいことです。何か言いたくなる作品なのかもしれませんね。

事前に結果稿の手順部分だけは打ち込んでありますので、後は変化・紛れの記述をしてから解説を書くという手順になります。理想としては解説も事前に書いておきたいと思っており、以前は実行していた時期もあるのですが、忙しさで遅れがちです。

年末あたりでうまく書きだめをして、以前の絶好調のリズムを取り戻したいものです。事前に解説を書いておくと、後は細かい手直しをして短評を入れるだけですので、解答の束が届いてからは本当にあっという間に仕上げられるのです。

担当者みんながそういう方式にしたら2ヵ月後発表も夢ではないと思うのですが、ボランティアワークですので、なかなかそこまでするのは大変なようです。

詰将棋界に首位の座を! → banner_04.gif
スポンサーサイト

コメント

私が以前パラを買っていたときは、学校の結果稿は2ヵ月後だったのですが、何時から3ヶ月後に定着してのでしょうか?(いい悪いは論じてませんので念のため。純然たる疑問です。)
そのころはマラソンというコーナーがあって結果稿を翌月発表なんて、今考えると無謀なコーナーもあったんですけど、、、。

ただいま人気ブログを応援しています。
応援ポチッ!

コメントおよびぽちっとありがとうございます。

私はミクロコスモスの結果発表のちょっと後からの会員ですが、3ヵ月後発表しか記憶にありません。詰将棋マラソンは解答もしたことがあるので分かるのですが、1月とかの早い段階で間違えると、番付戦にめちゃめちゃ響くと関さんが仰っていたのを思い出します。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://melonsky.blog9.fc2.com/tb.php/1324-38783000

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。