スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の日本代表 

最近は詰将棋関係のエントリーばかりですっかり詰将棋ブログになっていましたので、たまには違うネタでも。

ということで昨日、北京オリンピックを目指す野球の日本代表、いわゆる星野ジャパンの最終候補選手が発表になりました。総理大臣と野球の監督は、誰もが自分の方がうまくできると思っている二大職業らしいですが、私もスタメンを考えてみました。

8・青木
6・井端
3・小笠原
7・サブロー
9・高橋由伸
5・村田
D・稲葉
2・阿部
4・にしおかぁーTSUYOSHIだよぅ

4番サブローはロッテファンとしては譲れないところなのですが、代表候補の中にチームで4番を打っているのはサブロー・村田・新井くらいしかいないので、案外妥当な人選かと思っております。

先発投手は成瀬・ダルビッシュ・涌井・渡辺俊介を4本柱に、小林宏之・川上・杉内あたりは調子のいい日を狙って投げさせたいですね。ストッパー陣は上原・岩瀬・藤川のUIFが鉄壁で、上原2イニングあたりを考慮に入れると、先発は全力で5回を抑えてくれればいいです。

最初から5回でいいと思っていればボール球が使いやすく、投球の幅が広がりますので、相当抑えやすい状況だと思います。極論すればオールスターでの落合采配のように、1人1イニングでひたすらリレーしてもいいんでしょうね。

本当はもう少し守備のうまいサードがほしいのですが、今の日本にそういう選手自体がいないような気もします。村田の守備力もよく分からないのですが、まぁ無難であることを祈ります。

多分実際のメンバーとは相当違うんでしょうね。

詰将棋界に首位の座を! → banner_04.gif
スポンサーサイト

コメント

横浜ファンの友人に聞いたところ、古木より少しいい程度らしいですよ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://melonsky.blog9.fc2.com/tb.php/1325-dc42f939

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。