スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本シリーズを総括する 

今年のプロ野球は中日ドラゴンズ日本一で幕を閉じましたが、おもむろに日本シリーズを振り返ってみたいと思います。といっても中継を見たのは日曜日の第2戦だけですので、ほとんど印象というか感想ばかりなのですが。

まず第1戦ですが、日本ハムが初回にあげた3点を守りきって勝ちましたが、この試合でこのシリーズの中日優勢がはっきりしたように見えました。というのも、日本ハムの攻撃は四球2つにセギノールのホームランであげた3点だけで、その後8回の金子誠の内野安打まで完全に抑え込まれるという貧打でした。

川上相手ではそうそう打てるものでもないですが、これだけ押さえ込まれては第2戦以降の投手も抑えられるような気がしました。中日の先発陣は5枚コマが揃っていて、ローテーションが楽そうなのも優勢を感じさせるところでした。

案の定第2戦以降、中田・朝倉・小笠原で3連勝しましたが、実質的にここで勝負は終わっていたように思います。日本ハムは残り3連勝しかないのですが、明らかにダルビッシュは1回しか使えない上に、ダルビッシュ以外の投手で勝てるようには思えなかったからです。

北海道に戻りたい日本ハムとしてはもう第5戦に中4日でダルビッシュを出すしかないところで、中日はあえて川上をぶつける必要もないため、山井でかわせばいいという展開になりました。これで第6戦に中6日と万全の状態の川上で終了です。

結果は山井が思いのほかの好投を見せて第5戦で終了となりましたが、嬉しい誤算というところでしょうか。山井はCS第2ステージでは出場しないのに殊勲選手クラスの大活躍を見せましたが、実際に出場しても結果を出したのは立派だと思いました。

最後に山井を降板させたことがいろいろと取り沙汰されていますが、あれは当然の継投だったと思います。あの場面で完全試合という要素さえなければ、間違いなく岩瀬を投入するところです。日本一になるために個人記録は関係ないということも考えれば、やはり岩瀬を投入するしかないという結論です。ずっと岩瀬で勝ってきたチームなのですから。

わが千葉ロッテが日本シリーズに出場できないのは残念でしたが、なかなかいいシリーズだったと思います。来年は千葉ロッテが出場してのいいシリーズが見たいものです。

ご協力お願いいたします! → banner_04.gif
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://melonsky.blog9.fc2.com/tb.php/1350-9e73385c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。