スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お勉強 

まもなくセンター試験です。数学Bの選択範囲はベクトル・数列・統計・コンピュータの4ジャンルから2つを選択という形式ですが、普通はベクトルと数列を履修していることが多いですね。

ただ、最近のセンター試験・数IIBは計算量が多かったりして、普通の高校生だと時間が足りないことが予想され、普通にベクトルと数列をやっていると時間切れを食らう場面も多くなりそうです。

そこで抜け道的に使われるのが統計とコンピュータですが、普通の高校ではまったく教えませんので、塾の出番となる訳です。ただ私自身も履修したことはない分野ですので、見よう見まねで解き方を覚えてきたという感じなのですが。

統計に関しては、共分散と相関係数の計算の仕方を知りませんでしたので、問題の出方によって左右されてしまう面がありました。これではいけないということで、センター直前のこの時期ではあるものの、その2つの求め方を勉強してみました。

実際にやってみるとそんなに大変なものではなく、どうして今まで勉強しなかったのかという感じです。センター前の授業は明日と明後日しかないですが、3人ほどに教えられますので、何とかベストを尽くします。

コンピュータの方はさっぱりできないので、これも一度勉強しようと思いつつ、延ばし延ばしになっていました。センターが終わってからというのも間の悪い話ですが、一度しっかり勉強してみようと思います。

ご協力お願いいたします! → banner_04.gif
スポンサーサイト

コメント

コンピュータって、へええ

数学でコンピュータって?
へえええ・・です。
アルゴリズムとか?
プログラミングとか?
データプロセッシングとか?
ロジック問題とか。
関数とか? フローとか。
2進法、N進法とか。
もし数学が得意なら
一番楽勝でしょう。

僕がタッチしてた範囲では

数学が得意じゃなくても一番点数の取りやすい問題群でした。今はどうなってるやら。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://melonsky.blog9.fc2.com/tb.php/1441-11a3ba14

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。