スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春場所展望 

初場所が白鵬の優勝で幕を閉じたばかりですが、恒例の来場所の番付予想などをしておきます。

まず優勝争いですが、やはり両横綱中心という展開はゆるぎないものだと思います。現状では大関以下の各力士と力の差がありすぎて、両横綱とも1番くらいの取りこぼしはあるものの、今場所のように1敗での千秋楽決戦というのがありそうな展開に思えます。

注目の力士は安馬、時天空、把瑠都あたりです。それでは以下、順に番付予想をしていきます。

【横綱・三役】
横綱は東に白鵬・西に朝青龍。大関は上から順に琴欧洲・琴光喜・魁皇・千代大海です。千代大海はまたカド番ですが、怪我さえちゃんと治ればまだ粘りそうな気がします。

三役ですが、東関脇に安馬、西関脇に琴奨菊、東小結に稀勢の里までは異論のないところかと思います。残る西小結ですが、西4枚目10勝の朝赤龍と東7枚目12勝の豪風の争いです。星的には豪風が上位ということもあり、ともに琴欧洲と対戦して豪風だけ勝っていることを考えても、豪風を優勢と見ます。

【幕内から陥落】
危ない順に。
[霜鳳] 西14枚目1勝では助かる見込みがありません。十両の中位くらいまで落とされます。
[玉乃島] 西13枚目3勝ですから、こちらもまったくダメですね。
[土佐ノ海] 西12枚目(下4枚)5勝ですから、残念ながら陥落です。
[若麒麟] 西9枚目(下7枚)4勝ですから、一応助かってはいますが、落とされても文句は言えないところでしょうか。

【十両から入幕】
[境澤] 東3枚目9勝ですから、普通に届きました。先場所ほどの勢いはありませんでしたが、ワンチャンスを物にしたのは評価できます。
[龍皇] 西2枚目8勝ですから、筆頭で止められても不思議はないのですが、今場所は好成績者が少なく、届きそうです。
[皇司] 西4枚目9勝では普通届かないのですが、これも普通に届きそうに見えてきます。
[白馬] 西8枚目11勝ですから、龍皇・皇司とは同格の成績といえます。

【幕内と十両の入れ替え・結論】
今場所は非常に難解です。幕内から落とすべきは3人なのですが、十両から上げられそうな力士が2位タイに3人という感じで、誰を上げないかが難しいのです。この3人とも千秋楽に勝っており、若麒麟が千秋楽に敗れていることを重視して、4人の入れ替えを予想しておきます。

【十両から陥落】
[栃乃花] 引退しました。お疲れさまでした。
[若荒雄] 最下位の東14枚目で負け越しましたので、助けてあげられません。
[里山] 東12枚目(下2枚)で6勝ですので、ちょっとダメですね。最後4連勝して追い込んだのですが、連勝するのが遅すぎたようです。
[安壮富士] 西10枚目(下4枚)で5勝ですから、これもいけません。
これ以降は霧の若・木村山・片山と危ない力士が目白押しですが、いずれもぎりぎり大丈夫なようです。

【幕下から十両へ】
[旭南海] 東筆頭5勝は文句なしです。
[北勝国] 西3枚目5勝は届きます。
[磋牙司] 東2枚目4勝は微妙なところです。
[土佐豊] 東4枚目5勝は微妙なところですが、勢いがあるので上げてみたいところです。
[武州山] 西2枚目4勝はこれまた微妙なところです。

【十両と幕下の入れ替え・結論】
十両から落ちる力士は引退の栃乃花を含めて4人ですので、武州山は残念ながら筆頭に留め置きです。土佐豊はすごい勢いでの新十両で、注目の力士ですね。


ちょっと今場所は全体に難解で、あまり自信がありません。

ご協力お願いいたします! → banner_04.gif
スポンサーサイト

コメント

土佐豊ですが、先程十両昇進が決まりました。「まだ、信じられない」との本人の弁ですが、私も信じられません(苦笑)。ともあれ、所属のT部屋にとっては、部屋のイメージアップにつながる朗報となったことでしょう。

個人的には幕下の松谷(松ヶ根部屋)を応援しています。頑張って下さい。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://melonsky.blog9.fc2.com/tb.php/1457-808c4413

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。