スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恵まれない 

中3生の入試後の授業を前倒しして実施したりするのですが、この日程管理が杜撰すぎて、またまた呆れ返っています。結局は自分の授業さえ自分でこなせばいいやという講師ばかりですので、全体としてどうにもうまく回っていかないという状態です。

教室長と話をしていたのですが、仕事をする際に、与えられた最低限の義務だけ果たすのか、できる限り良い仕事をしようと+αまでがんばるのかというのは、どうも生まれ持ったもののような気がしてきました。

昨年度いっぱいで辞められた数人の先生や、マイミクの某先生のように、すごく献身的にがんばってくれる先生がたまに、ごくたまにいるのですが、本当に貴重な人材だと思います。こういう人材をもっと評価できるシステムがないから、この会社はダメなのです。

結局組織というのは人に恵まれるかどうかが重要で、人材さえしっかりしていれば、ちゃんとしていくものだと思います。こういう先生ばかりの塾だと理想的なのですが、そうもいかないですね。

1人だけちょっと期待の持てる先生がいるにはいるのですが、いかんせん経験が浅く、まだまだという印象です。ただ心構えはしっかりしているように思いますので、こういう人をうまく育てないといけないんですね。

ただ、結局他の講師の尻拭いをするような感じの役回りになってしまいますので、がんばってくれている先生にそういうことを頼むのも気が引ける面があります。本人が納得してやってくれればいいのですが、そうでないとストレスになりますし。

正直言って、講師全体に時給をもらいすぎです。ろくに予習もせずに時間ギリギリに来て授業だけして、講習の啓発もまったくしないし来客応対や電話応対もできないような状態なのに、時給の上げすぎだと思います。

前の講師会でちょっと話したことがあるのですが、時給相当の授業をしているようではダメなのです。保護者が払っているのはあくまで授業料で、講師の報酬はその一部に過ぎないのですから、時給分の授業提供で保護者が満足してくれるはずがないのです。

そういうことまで気を配って満足度の高い授業を提供するのがサービス業である塾として当然のことだと思うのですが、一向にそういうレベルに達してくれそうにありません。同じことを何度も言いたくありませんので、もうしばらくは我慢の日々が続きそうです。

ご協力お願いいたします! → banner_04.gif
スポンサーサイト

コメント

もしかしてこれって

20:80の法則ってやつではないでしょうか。そんな気がしてきました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://melonsky.blog9.fc2.com/tb.php/1470-205097ef

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。