スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年香龍会作品展3 駒三十九氏作 


香龍会会場の職員の方経由で投稿をいただきました。久しぶりの登場ですが、さすがに名匠の腕は鈍っていないですね。もう一作投稿をいただいていますので、今年の作品展で解説をさせていただくのが今から楽しみです。

○○包○―24銀を見つけて解決、何年ぶりの登場かな。
○賀○○―合の歩が動く、捨駒の味が生きました。
柿○○○―33歩と合駒をさせて、その頭に34龍はうまい。
神○○―「42角、33歩合、25歩」の順は絶妙技。作者は51角もOKなのを気にするのだろうか。
○○研―★中合の歩の頭に龍を捨てる収束、そしてそれを成立させる為の序の準備好作。作者としては手遊びかもしれないが、隙のない構成に流石と唸らされる。短編というのは、こういう風に作るものなのだなあ!
○○理―やさしい顔して難しかった。16桂といったん角を前に出しておく手順になかなか気が付かなかった。
○○卓○―久しぶりに名前を拝見する作者、気品のある手順はさすがです。
竹○○○―いきなり24銀としたくなって悩みました!
○口○○―お久しぶり。捨合の歩を動かす、流石ですね。
○○偉―完成品で筋が1本通っている。
○沢○○―☆打歩詰をめぐる攻防。34龍が気持ちのよい決め手。
○嶋○○―☆短編の見本のような作品。
○○○将―龍を合駒で発生させた歩に取らせるのがうまい。
○○賢○―☆嬉しい古豪の復活。一手として緩みのない作風は健在です。
原○○―他に手が無いとはいえ、この順は不詰とばかり。
○○望―中合がポイント。
○光○―単純にと金を消去するのかと思ったが、そうではなくて角を移動させておくのがねらいでした。
○骨○―駒の使用法に無駄がない。
○○嗣○―序のと金消去が上手い。42角からの収束も一寸味がある。
遊○○―形、手順にベテランの味が浸み込んでいる。

ご協力お願いいたします! → banner_04.gif
スポンサーサイト

コメント

パラでも間違っていましたが、勿論準備「工作」です。
メッセージで送った文をコピペしていると思うんだけど、何で変わってしまったんでしょ?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://melonsky.blog9.fc2.com/tb.php/1523-578e1f54

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。