スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第9回出題・結果発表 

遅くなってしまいましたが、第9回出題の結果発表をさせていただきます。


【第9回出題-A】
 東京都 菅野哲郎

作者―最終手からの余詰は許容範囲かと思いますが…「一字違いのあの作」と比べてはいけません(笑)。

筒井浩実―誰? ヒロミじゃないのが残念(笑)。
凡骨生―三段曲詰「ヒロコ」は小指さんですか?
坂野均―ヒロコ、愛してるよって?・・・5手目から苦しみました。好手順だと思います。
小野寺―薬師丸ひろ子? 看寿賞作の「ヒロエ」を思い出した。
坂本栄治郎―めずらしく、左端を使った作品で面白いと思いました。72角と、61角が限定で無いようなのが気にかかるのですが。
名越健将―森口博子(ガンダム世代)
夏風―ヒロコ詰。余計なカタカナなしでスッキリ。
Norman―どこのヒロコさん?
隅の老人B―初恋の人? 故郷は遠きにありて思うもの、田舎も良いね。
小峰耕希―前にもカナちゃん詰とかありましたが、そのシリーズの1つなのかな?


【第9回出題-B】
 東京都 菅野哲郎
  「つな引き」

作者―序盤は相手に引かせて油断を誘う(?)のがつな引きの定跡(笑)。

筒井浩実―角出、歩合のあたりの手順は自信なし。右上が捌けないので消化不良の感。
凡骨生―王鋸で王の鬼ごっこ一往復は楽しく角2枚を歩に換えての収束も巧い。22飛の働きは?
坂野均―玉ノコの往復、初めて見ました。9筋の歩を消去する意味だと分かったときは思わず手を打ってしまいました。
小野寺―玉鋸とは面白い。いったん歩を消去する構想はなんとなくわかっていたが、収束の41手目で69銀打で詰むものとばかり思ってしまう。もう少し考えるべきでした・・・。
3時のおやつ―出だしの影のように付き纏う両玉の動きが非常にユーモラスで面白い作だが、不動駒が多いのはちょっと残念なところ。
名越健将―二歩禁絡みの王鋸。奇怪な詰上りだが、要は99歩が打てれば詰む訳だ。
夏風―何をやればいいのか分からず、しばらく玉ばかり触っていました。角2枚が捌けることに気づいてようやく解決。
Norman―全ては99歩のために。双方の玉が多数回動き、解き味抜群。傑作と思いますが、収束の角合はキズ?
隅の老人B―貴方とならば、何処までも。その目的が良かったね。「二十日あまりに五十両つかい果して、22飛が残る」大駒が3枚消えました、易しいが、好作です。
小峰耕希―いわば歩を5枡戻すための玉鋸。鍵を増やして知恵の輪に出来れば、もっと面白いかも。玉鋸の最高記録は森茂さんの一往復半でしたっけ?
☆出題時に命名を書き忘れました。失礼しました。


【解答をお寄せくださった方々】 11名 (到着順・敬称略)
筒井浩実 凡骨生 坂野均 小野寺 坂本栄治郎 3時のおやつ 名越健将 夏風 Norman 隅の老人B 小峰耕希

☆第9回出題に2桁の解答をお寄せいただき、ありがとうございます。また、作意を鑑賞されての感想なども歓迎いたします。第10回も締切間近ですので、こちらの解答もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://melonsky.blog9.fc2.com/tb.php/1588-751d8e26

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。