FC2ブログ

2000年9月号 短15安達康二氏作 


作者は曲詰の名手で、安心して選題できるありがたい方です。このころだんごが流行っていたこともあり、ある程度詰上りの予想は付きそうなものですが、何の形なのか当てた解答者はお一人だけでした。

誤5 無12 A33 B18 C1 平均2.61

45と、同桂、66金、同と、64銀、同と、65金、同桂、54金、同と、91馬、64銀、54角成、同玉、53と、同銀、64金、同銀、55歩、同銀、同馬、同玉、53飛成、54歩、64銀まで25手。

○○顕○-☆解図前からだんごシリーズ。
○○節○-金銀の質駒で手順をしぼれた。
○利○○-合駒が入る所から作ったと思われるが、序盤も力強い捨駒が続く。安達氏にしては少し力みがあるようにも感じられるが、密集形曲詰の宿命かもしれない。
○○包○-序盤の金とと金の争いが面白いと申し上げます。
○○貞○-☆詰上りおもしろい密集形でした。
○○○規-☆金気にものをいわす。気前よい。
○○健○-遂に串に刺さった団子の登場。序盤より見事な手順が続きますね。でもこの程度では驚かない。
梅○○○-3手目66金からの4連捨てが見応えあり。17手目64金もシャレている。
○賀○○-面白い詰上り。幼児のガラガラを思い出す。
○登○-☆四桂有って詰まされるもの有り。
○○恒○-持駒金4枚なら最高だが、91金が辛い配置。
○脇○-こんな初形なら面白い予感、細かく進めたが終盤の桂取りがうれしくホッとしました。
神○○○-亀図の詰上りと言うんでしょうか。
○○基-初手非限定の気もしないでもないけど。確認する時間なくなっちゃいました。
○○徹-☆3手目66金が急所、後はなんとかなる。
斎○○○-☆手順良し、詰上り良し。
○○○衛-棋形から中央に「巣ごもり」かと考えたが…。
○保○○-枠組みができてから、銀の入手に一工夫。
○○茂-詰上り図がだんごの形で見事。詰め手順も粘りの応酬で見事。
○○凱○-亀甲模様ですか。これには苦しみました。
○○耕○○-☆手順は45.64.65.66の組合せ順だけでそうむつかしいことはないが、曲詰でこの形は初めて見た。新鮮な驚きです。
○○静○-お金の事を考えている方はダイアモンド、地球に優しい方は亀の甲羅。
永○○○-これって、ノアの方舟ですか?
○道○○-☆金を取るのが見えているので、そこに向けて考えて行けばそう難しくはない。
不○○-先に66金は駄目。焦点に叩き込む65金が絶妙手。守りは堅そうだがと金と角の交換をしてはいけない。
○輝○-捨駒は良いが、途中で最終形がわかってしまうのが残念。詰上り「提灯」?
○○卓○-見事な団子三兄弟!
原○○○-☆91金を取れるように攻めれば難しくはない。さあゴールキックだ?
○骨○-安達だんご屋さん新発売の串だんご、練りに練って美味しいよ!
○○登-91金がほほえましい。

☆だんごと見せかけてラグビーボールが作意です。ラグビーファンとして知られる原○さんが唯一の作意解、まぁ氏にとってはサービス問題でしたか。手順の方は巣ごもり風で、まぁこんなところでしょうか。
スポンサーサイト



コメント

はじめまして!

ご訪問ありがとうございました。
また、遊びに来てくださいね☆

こちらこそ、わざわざコメントありがとうございます。またよろしくお願いします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://melonsky.blog9.fc2.com/tb.php/352-308201e0