FC2ブログ

2001年3月号 短11千々岩倫太郎氏作 


簡素な対子図式で解図欲をそそる初形です。初手もほぼ絶対なので考えやすく、それでいてちょっと気の利いた応酬が楽しめます。やはりトップバッターにはこういう作品がいいですね。

誤8 無5 A23 B46 C4 平均2.26

11桂成、同玉、13飛成、同桂、31飛成、21銀、44角、12玉、34角、23銀、21龍、同玉、43角成、32銀、22銀、12玉、34馬、23銀、11銀成まで19手。

○○顕○-☆銀合が明確で楽しい清涼図。
○利○○-☆シンプルながら、23金合に備えた44角が光る手。
○○包○-☆44角良し。収束角が消えなかったのが少し残念。
○○健○-それぞれの角の打ち場所が面白い。2回の銀合も妙味がある。
岡○○○-初形曲詰ならともかく、対子図式にどれほどの価値があろうか。
○む○○-先月のもいいが、今月のも好作。角と銀の鬼ごっこ、ついつい最後も移動合。
○賀○○-角対銀の攻防が楽しめました。少ない駒でまとまりのある手順。
糟○○○-狙いが分からない。残念ながら意味不明。
○登○-良く手が続く。
金○○○-角2枚は心細かった。
○○○流-最後の非限定が惜しい。
○脇○-2手目から面白く進められた。
神○○○-☆2丁飛車が2枚角に変わってエンド。
○○基-4対子聴牌ですね。
○○武○-☆飛角桂のこぢんまりした初形が面白い。角銀を主体にした捌きが見所。
○○徹-頭5手はまずやってみる手。6手目は銀合と決まり腰をすえ直す。
○○洋○○-5手目44角に33中合の展開かと思ったが、あっさりと俗手の成り込みでした。
○○○衛-簡素な図式は解図欲が湧く。
○○碧○-客寄せの軽い作品。
重○○○-初形はきれいだが、2ヶ所の非限定はイタい。
柴○○○-☆飛より角が大活躍。裏をかかれた。
○○憲○-2回の銀合は、これしかないですね。
○保○○-対子に仕上げるところが力。
○○茂-初手から5手までの準備好作をしてからの7手目44角以降の収束が見事。
○○凱○-初形は2枚の飛車で攻める形だが、最終は2枚の角でおさえている。
○○耕○○-始めツインで合駒に銀が2回でてきて最後までツインがミソですか。
○○○之-簡素な世界にきらびやかな技がちりばめられている。
○○静○-調子に乗ると23金合が待っている。
○○肇-控えて打つ44角がポイントとは奥床しい。
○○等-対子図式は楽しい。2回の合駒は銀でまとめている。
○鬼○-飛角桂各2枚ずつの使用駒で、難易度も適当なトップバッター向きです。
○○旅○-銀合が強烈。
○道○○-角2枚では手駒不足の感だが、44角で上手くまとまる。
那○○-銀の動きを楽しむ。好作ですね。
○村○○-あの筋(44角、33中合)を紛れに隠した。収束ダレるのが玉に瑕なれど、本手順もなかなか面白い。好作。
○○恒○-31飛成で終わっている。後は王手するだけ。
○○卓○-二度の銀合に趣向があり。
○○プ○-☆今まで避けていた短大も、この初形に惹かれ、初解答です。きっかけを与えてくれた作者に感謝です。
○泰○-いきなり解けちゃった。
原○○○-31飛成であとは簡単と思ったけどなかなかどうして。紛れも含めてとってもうまくできてますねえ。
○○○緒-最後が銀の移動合限定なら最高ですが、望みすぎでしょうね。
○骨○-詰めて見たくなる型から攻方角と玉方銀の軽い捌きが身上の作。
○○涼○-最初の角打が限定だとは知らなかった。34馬には移動合するのが礼儀ですか?
○○徳○-暗算で解きました。ヤング・デ・詰将棋クラスかな。
○○晃○-初形は簡素形でいいが、手順がやや一本道。
○○登-途中、裸を思わす。

☆淡々とした流れの中、一歩離した44角が味のある手です。これは後の23金合に備えた手ですが、作意は銀合となり、その銀がまた移動合するのもうまい展開だと思います。初形に似つかわしい感じの手順ではないでしょうか。

今日もひとつご協力お願いいたします → banner_04.gif


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://melonsky.blog9.fc2.com/tb.php/393-2f5c86d6