FC2ブログ

2001年4月号 短16鈴木守氏作 


ぱらっとした初形で3段目を飛車が押さえているので難しくはないと思いますが、下手にはまると厄介かもしれません。1月号の作品といい、センスのある作者ですね。

誤5 無0 A17 B35 C3 平均2.25

23桂、22玉、12金、同玉、11桂成、22玉、34桂、31玉、21成桂、同玉、23飛成、31玉、22桂成、41玉、32龍、51玉、63桂、61玉、53桂生まで19手。

○○顕○-☆金打は手筋だが綺麗な図式。
○利○○-22玉には33飛成と行かないのがよい。
○○包○-キレイな面白い手順が数えてみたら13手でした。
○○道○-簡素な形から軽妙な手順。変化も結構楽しめる。
○○健○-☆先ず簡素な配置に感心、次に序盤の捌きに頷き、詰上りでは面白いと呟く。
○○桂○-形だけで十分でしょう。
○治○○-14手目42玉と逃げて変化別詰にひっかかりそうでした。
岡○○○-ところどころで応手をちょっと考える。
○む○○-☆金を手離す不安と、左へ追う不安。
○賀○○-☆スッキリまとまりがある。詰上りも桂のつるし、鮮やか。
○登○-初形が詰む形。
○○恒○-無造作に配置してからの出発点のような感じがする。
神○○○-飛の横ぎきがあるもよく手が続く。
○○生○-☆シンプルな構図が解図意欲をかきたてる。
○○基-桂馬を堪能させてもらいました。
○○徹-シンプル。でもそこそこは考えさせます。
○○洋○○-第一感が全て当たってあっという間でした。ヤン詰級。
○○司-☆このコーナーもこのレベルなら解ける。
○○○衛-珍形、しかし手順は平凡。易しい客寄せ作品。
○○碧○-6手目同玉の変化が見えずに苦戦。
○○憲○-早々と金を手放し、桂使いの妙を見せた素晴らしい問題。
○○連○○-桂の力は偉大だ! 14手目42玉には要注意。
○○○僧-☆表紙のお兄さんといった所か。
○○卓○-まあ軽い肩ならしということでいいでしょう。
○○茂-3、5手のコンビネーションが絶妙。
○○凱○-あっさり、すっきりした形で、手順も気持良い。
○○耕○○-簡単な形によくまとめた。たった一枚の金を序盤に捨てるのは勇気がいります。
○○○之-軽手連発で気持ち良い。12金が好手。
○○静○-変化の桂の重ね打ちが見えなかった。
○村○○-簡素形は自分の好みなのですが、本作はさすがに手順が弱いかな。
○○○緒-どうやっても詰みそうにみえますが、意外な展開でした。
○骨○-高20の次に解いたので、お茶漬けの味がします。
○○涼○-11桂成を取れないのがいい。個人的には21成桂に41玉と逃げる順を作意にしたい。
○○圭○-つなぎ桂や桂ツルシまで変化に現れる。
○○晃○-解答者増大に貢献しそう。
酩○○○-☆1枚しかない金を3手目に捨てるとは思わなかった。
○○登-金捨ては意外。

☆唯一の金を3手目に手放してしまう意外性があります。あとはちょっとずつ変化を読まされる展開ですが、苦にはならないと思います。14手目42玉とした解答5通でしたが、53龍、41玉、33桂生の3手詰見落としですね。

熾烈な1位争いにご協力お願いいたします → banner_04.gif


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://melonsky.blog9.fc2.com/tb.php/401-51781740