FC2ブログ

2001年9月号 短12筒井浩実氏作 


才田氏の祝賀詰その2・「コ」の字です。盤面歩のみという歴史に残る珍形で、手順の方もなかなかのものです。もう1作、私の創った「ユ」だけは手数オーバーでデパートでの発表となってしまい、何ともまとまりのつかないことでした。

誤0 無7 A16 B24 C3 平均2.30

23銀、25玉、27飛、26銀、24飛、同玉、26飛、25角、14金、33玉、34金、同角、同銀成、同玉、24飛、43玉、54銀、42玉、33角、同玉、23飛成、42玉、43銀成、41玉、32龍、51玉、52龍まで27手。

○○顕○-☆収束残念ですがコれは珍品。
○利○○-よく作ったという感じ。最後の小キズは致し方なし。
○○桂○-収束は勿体ないが、どうしようもない。
○○健○-前半は無仕掛の感覚で、玉を下段に押し戻す。好形、好手順の曲詰。25手目は目を瞑る。
○○安○-無仕掛に近いコの図からよく手が続くもの。
○む○○-面白い初形。2種限定合が凄い。
○賀○○-収束はキズと云うより余詰に近い。好形だけに残念。
糟○○○-完璧とも言える初形から限定合2回は驚異的と思う。
○登○-素晴らしい発見だが…。
金○○○-☆1間飛車の手筋で解決。初形が良いから収束のキズには目をつむる。
神○○○-簡素な図形なのに変化が多岐にわたる。
○○生○-銀合か角合かで悩まされる。
○○基-☆美しい初形。手順は平易だけどやはり大発見と思う。
○○武○-初形がユニークで面白い。作意、変化共に好手順。
○○徹-☆面倒かと思いきや、どうして仲々すっきりした手順。
○○○衛-収束キズといえばキズですが、珍形ですので可。
柴○○○-可愛い顔をしているのにどうしてどうして手強い相手。
○○憲○-とにかく初手が広くてまいった問題問題。
○○凱○-小さいコには旅をさせよう。
○○静○-初形命。
○鬼○-☆珍形の割に序の手順面白く、収束も角捨てが入ったのは良いですね。
○骨○-「コ」れは一つの発見ですね!
○○晃○-初手23銀は盲点。飛車打ちで余詰まないのが不思議。
○○登-初形で創造性豊かさを感じる。

☆確か適当に並べてみたら、想定手順どおり合駒が限定されたという感じでしたか。収束は33角という決め手がありますが、ここを22飛成とすると32香の限定合で逃れるのも奇跡的で、これ以降の収束のキズは初形に免じて、というところのようです。こればっかりは修正のしようがないですからね。

1位死守にご協力お願いいたします → banner_04.gif

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://melonsky.blog9.fc2.com/tb.php/451-4165d4d1