スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一票の格差について考えてみた 

またしても合憲の判決が出たようですね。参議院はただでさえ定員が少ない上に、3年ごとに半数ずつの改選であるため、確かに格差の是正は難しいでしょう。でも、もうちょっと頭が使えるのではないかと思うのです。

現在の参議院議員選挙は各都道府県に偶数人の議員が配分されています。これが頭が固いと思うんですね。1人区はさすがに6年ごとにしか投票できないので最低でも2人は必要でしょうが、3人区とかの奇数人区を作っても問題はないと思うのです。

3年ごとに今回は1人の回、今回は2人の回、となるだけのことです。どうせ投票できるのは1人なんですから、大した問題はないでしょう。何よりも、これで定数配分の自由度がだいぶ上がると思うのです。

具体的に割り振り案まで考えようかとも思ったのですが、そこまでの気力も時間もなく、試算はしておりません。ただ、現状よりは良いものになることは間違いないところでしょう。なんでこういうことを考えないんですかね。

新しいこと考えましょう! → banner_04.gif
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://melonsky.blog9.fc2.com/tb.php/789-a4ea1aef

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。