スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2004年11月号 短21中井雄士氏作 


何とも簡素な双玉図で、持駒も一種類なので手頃な感じですね。それでも飛び道具ばかりですので、逆王手の綾もあり、考えさせられるかもしれません。作者はのんびり会期待の若手ですので、また作品を見せてほしいところですね。

誤2 無0 A18 B27 C1 平均2.36

13香、21玉、41飛成、31桂、23香、22桂、同香成、同玉、42龍、32角打、23香、同桂、34桂、21玉、11香成、同玉、31龍、12玉、22龍まで19手。

○○包○-角合は予想通り、銀合の変化に飛の逆王手で一本取られる所でした。
○原○-簡単な初形が好印象を与える。
○○○宣-簡素な配置で合駒探しが楽しい。
○○健○-簡素な配置からの、2度の逆襲。双玉の魅力が一杯。
○賀○○-☆桂合の味がよい。スリリングな味付けもあり楽しめる作。
柿○○○-初形は良い、作ったと言うより、発見だと思う。65角の不動が少し気になる。
○○恒○-☆予定通りのスリル。
○坂○-香、桂の舞はお見事でした。
○○○○得-☆形を楽しむもの、なんてナメてかかって大変な事になる。変化のアヤでの飛合なんかも良い。
斎○○○-一風変わった双玉。
柴○○○-スリル満点。
○保○○-☆一目見て、惚れた。
○○卓○-☆変化も飛合の逆王手が現れたりして楽しめる。
○○静○-引っ掛かったかな?
○沢○○-逆王手はスリリング。
○○卓○-合駒と他の詰筋との組み合わせに、かなり混乱した。
○○賢○-☆簡素形双玉にはまだ未知の部分がありそうだ。
○○○市-収束弱いが楽しめます。
○骨○-一つの発見ですね。持駒香四にする案:玉方11玉、85角、攻方34玉、62飛(23手)です。
○○忍-初形を考えれば成功でしょう。
○○和○-この初形と持駒を見たら、誰でも解いてみたくなるであろう。これは大きな美点。内容も限定合3回を含め、十分満足できる。
○○登-☆手裏剣をかわす感じ。

☆短評を見る限り、ほとんど不評がないですね。この駒数でこれだけ解答者を納得させられれば立派な成績だと思います。収束が若干弱いものの、2度の逆王手を含む手順はよくできていますね。

簡潔でいいですね! → banner_04.gif
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://melonsky.blog9.fc2.com/tb.php/796-ea45bae4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。