スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年7月号 短1金子義隆氏作 


作者はこういう軽い作品も実にうまく創られます。持駒は多めですが2種類なので考えやすく、半期のスタートには打ってつけの作品だと思います。さすがにソツがないというところでしょうか。

誤0 無0 A17 B29 C7 平均2.18

44桂、同飛、31角成、同玉、33龍、32銀、23桂、21玉、22歩、12玉、11桂成、同玉、12歩、同玉、13歩、11玉、23桂、同銀、31龍まで19手。

荒○○○-収束ショボい。
○原○-上手く雪隠にするものですね!
○○健○-☆初手さえ解れば、後はサラサラ。纏まり良し、気分良し。
江○○-金子氏の詰将棋らしい。
○○○庵-33歩と入りたくなるが。あとは、31角成、33龍の攻め。
太○○○-☆桂を成り捨てて、13歩を打ってからまた桂を打つ手順が面白い。
○賀○○-☆短大が五分で解けた。どこかで見た事が有る筋だからか。
柿○○○-☆桂の使い方に味が有る。
○坂○-いきなり31角成は同玉の後41逃れがある。という訳で初手が決まる。
○○○○得-詰めて楽しい詰将棋。
○○武○-☆新入生募集作品、桂・歩の軽やかな捌きが気持ち良い。
斎○○○-桂と角を捨ててしまえば後は軽快な手順。
○○司-☆初手のアクセント、これが伏線。
○○○衛-44桂がわかれば凡て解決。軽快な捌きで収束する。
○保○○-☆行きがけの駄賃で44桂とすれば後は拍子抜け。
○○卓○-☆初手はこれしかないが味わいのある一手。
○○達○-序の3手がすべてですネ。
○○静○-客寄せ成功か?
○沢○○-初手が絶妙。以後の軽やかな手順が可能となる。
○○○将-42方面ばかり読み、意外なところに作意が隠れていた感じ。
西○○-この作者にしては珍しく解き易い。
○宮○○-イメージが良いので、力を入れて解きました。
○○賢○-☆構想派には珍しい軽快作。まさかいつぞやの罪ほろぼしでは…。
○亜○○-初手の味がいい。
○骨○-軽く桂歩を打って捌く。
○○忍-☆とりあえず44桂は打ってみる手。作者にしては軽作。
○○卓○-序の3手で決まる。
○○和○-考え所は初手のみ。以下は一本道であっけない。
○○登-初手は芸が細かい。

☆初手の44桂が軽い伏線で、これを省くと後で41玉と逃げられたときに53桂と打てないという仕組みです。31角成と捨ててからは迷うところのない軽快なまとめで、誤無解0という良い客寄せになってくれました。

ご協力お願いいたします! → banner_04.gif
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://melonsky.blog9.fc2.com/tb.php/856-c8afc0e6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。