スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年9月号 短15松崎準昭氏作 


まだ入選6回の作者でしたが、なかなか凝った作品を見せてくれました。前半で狙いが終わってしまうような感じでその後のまとめが悩ましそうですが、シンプルですっきりしたまとまりには感心しました。

誤1 無13 A33 B3 C2 平均2.81

39飛、37桂、同飛、35桂、同飛、34香、42歩成、同玉、45飛、同桂、43飛、32玉、44桂、同桂、63飛成、54角成、42金、同玉、52龍、33玉、25桂まで21手。

○○包○-私は28香で合をすると成り返るので玉の逃げるのをデパートに送っています。作ってると得をする時も有る。
荒○○○-自信無いけど時間がなく…。
○○健○-初手の遠打は第一感、そして合駒調べ。2度の中合の後は、捨駒は多いが易しい。初形に、もう一工夫あれば、半期賞。
印○○-悪くない手順だが、短15が21手とは?玉方の妙防を見落としか?
江○○-若島流のような作。
○賀○○-この作だけ異色、狙いがあり変化調べに手間取った。
柿○○○-初手飛打に対し二段の桂合はうまい。駒を無駄なく使い気持ちの良い詰上り。
○○○○得-2度の中合に美しさを感じる。
斎○○○-飛の下段打ちの高級手筋。
○○○衛-飛の遠打、桂の中合2回という趣向は、初めてではないが、その構想を表現した作家が入選6回とは驚きです。
○○○○○才-連続の桂捨合は見事。手数順に並んでいるとは限らないのですね。
○○卓○-☆1つ飛ばしの連続桂合は初めて見ました。
○○凱○-序盤は中合等で苦しめられたが、終盤はあっさりしていた。
○○静○-☆39飛に数日、合駒読みに数日、今月はデパートまで行けそうもない。
○鬼○-☆4筋で二枚飛車による開き王手を狙う構想は巧妙、対する桂合も好手順。
西○○-狙いが明確ですぐ解けた。同一構想を作ろうと思ったことがあるが、完成できなかったので…。
○○賢○-二段中合は目新しくないが、堂々と手に乗って45飛以下のまとめが見事。
○○江○-☆62成銀を見て簡単と思ひきや…苦戦する。
○骨○-初手遠打もさることながら、中合の変化に悩まされた。香香合、香桂合もらしく時間を食いました。
○○忍-☆合駒制限はあるものの見事な構想。この作者、今後も要注目ですね。
○○卓○-桂馬以外の駒を渡せない意図での”一間置き連続桂中合”は新機軸?
○○和○-飛回りを防ぐ桂合は前例があるが、変わらぬ感銘を覚える。38飛がいけない理由にも感心。
○○登-構想力大賞。

☆4筋への飛車回りを防ぐための連続桂中合ということで、オーロラの縦バージョンということになるようです。一間飛ばしが妙な味わいですが、距離を使ってしまうので回数が稼げないのは痛しかゆしでしょうか。45飛捨てからの後半もよくできていると思います。なお、作者のお名前の「崎」の字の右上は立なのですが、フォントが見つかりませんでしたので、この字でご勘弁をお願いします。

狙いが光っていますね! → banner_04.gif
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://melonsky.blog9.fc2.com/tb.php/886-6c26a3a8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。