スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押さば押せ、引かば押せ 

今年最後の九州場所ですが、優勝が決まるのも時間の問題という情勢です。あいにく今場所はテスト期間と重なっていることもあり、ダイジェストすらもほとんど見られていないのです。そういう訳で、全然内容は分からないのですが。

やはり今の横綱に太刀打ちできるのは白鵬しかいないですね。琴欧洲には期待していたのですが、どうにも体重が増えず、あの体型では怪我が多くなりそうです。結局は大関の地位に甘んじることになると見ます。

そうすると次は把瑠都ですね。先場所の怪我で心配しましたが、どうやら大丈夫そうで、まさに規格外といった感じの豪快な相撲は魅力的です。これでもう少し相撲を覚えてきたら、手が付けられなくなるかもしれません。武蔵丸くらいに大成することを期待します。

十両は十文字がトップですか。大本命は若の里でしたが、相手なりに走るタイプだけに、案外優勝しないという場面は想定できました。それにしても十両で優勝できないのは地力落ちすら感じさせ、引退も近いのかもしれませんね。

隆乃若にも共通して言えることですが、鳴戸部屋の力士は相撲が粗いように感じます。親方自体が結構粗い相撲だったので、仕方ないところなのでしょうか。稀勢の里も今ひとつ大成するような感じがせず、もったいないですね。

テレビでいいのでのんびりと相撲観戦を楽しみたいのですが、当分そんな暇はないようです。

桝名大は大成しますかね? → banner_04.gif
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://melonsky.blog9.fc2.com/tb.php/889-f8dfefb2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。