スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年10月号 短17松重郁雄氏作 


松重さんは投稿数こそ多くないものの、短大での採用率はかなり高いように思います。本作はヤン詰からの転送作なのですが、こういう好作をヤン詰に投稿されては商売上がったりです。夏風さんがちゃんと回して下さるのでいいんですけど。

誤0 無4 A29 B20 C0 平均2.52

41飛成、同馬、22銀、同銀、23桂、同馬、42銀、32玉、35香、34馬、31銀生、同玉、34香、33桂、同香生、同銀、23桂、21玉、22歩、同銀、32角まで21手。

○○包○-面白い攻防。
○原○-飛に睨まれた玉。
○○健○-☆延命策で2度の移動合。変化が少なくて、意外と易しい。
印○○-移動合2回は見事だが、収束で興醒めした。
江○○-とくによい手がない。
太○○○-☆手品みたいな延命策が沢山出てくる。
○賀○○-連続合は見事、ただ収束のアッ気なさが残る。余韻が欲しい。
柿○○○-52飛は不動のまま睨みをきかせている。
○坂○-42銀から35香の手順が絶妙。
○○○○得-手筋物で2度の移動合とはシャレている。
○○武○-しょっぱなから飛の成り捨て、当たり前だけど気持ち良い。以下香馬の攻守の駆け引きが面白い。
○○徹-11手目31銀生がやりにくかった。52飛が取られそうで。
斎○○○-馬の移動中合で盛り上がった。
○○司-飛を捨ててしまうと玉が狭くなるのに、それからが意外に長い。
○○○衛-いきなり駒取りの王手に驚く。しかしその後は巧みにまとめている。
○○○○○才-こんな実戦あるかも知れない。
○保○○-32玉で一呼吸、気を取り直して。
○○卓○-35香34馬の応酬で引き締まった。
○○静○-香の打つ時期に迷う。
○○肇-☆香を打ってから考える。桂跳ねからはやや苦心した様子。
○沢○○-☆2回の移動中合が見られる、テクニカルな作品。
○○○将-前問より素直。解いてみないとわからない、か。
○○卓○-手なり風で自信なし。
○○賢○-移動合を含めて狙いがやや空転した感。
○東○○-易しくて楽しい手順大満足。尚、初手の駒取り不要では。
保○○○○-42銀~35香の発見に手間取る。飛車捨てて持駒すべてあげながらコツコツ拾ってトドメに使う。
○○忍-2度の移動合が楽しい。収束にキレがあれば…。
○○和○-42銀が大事な手。いきなり35香は33桂で長蛇を逸す。2度の移動合、31銀生の好手もあり歯ごたえ十分な内容だが、収束が冴えないのは惜しい。

☆2度の移動合がメインですが、その間の31銀生がいい味を出しています。単純なのですが、あえて両王手にしないのが奥床しい感じです。採用を決めたポイントはこの効率の悪い最終手だったりもするんですけどね。

ご協力お願いいたします! → banner_04.gif
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://melonsky.blog9.fc2.com/tb.php/890-9aa873e0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。