スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年10月号 短19中島久雄氏作 


入選2回目の作者でしたが、核となるしっかりした狙いはもとより、その後のまとめもしっかりとしていて、感心させられました。惜しくも左右対称ではない初形も落ちついた感じで、よくできていると思います。

誤4 無17 A29 B6 C0 平均2.82

46香、45桂、同香、44桂、34桂、同香、44香、32玉、43角、同金、同香成、同玉、55桂、同と、53金、32玉、44桂、31玉、41馬、同玉、52桂成、32玉、42成桂まで23手。

○○包○-変化も有り難解作。64と金を使う変化も良し。
○原○-何といっても馬が捌けたのは大きい。
○○健○-一瞥香打だが、これからが大変。変化で64とを取る手も難しい。収束に馬が消えるところも、巧みです。
江○○-全体的にセンスがあると思いました。
太○○○-☆大駒が両方消えて、良く出来ていると思います。
○○○晃-首位作だと思う。難しくて、これだけで10時間思考。
○賀○○-中合の味、詰上り小駒のみ、収束もう一手妙手がほしかった。欲かなァ。
柿○○○-桂の中合2回は良い。大駒も消えて詰上りも良い。
○○邦○-34桂のタイミングが分かりづらかった。43角の発見で手が続いた。
○○○○得-☆自然な実戦形から2度も中合が入るとは奇跡的な好作。
○○徹-イントロに気付いてやっと解けました。
斎○○○-導入が大変だった。
○○司-俗に43角と打ち込む、これが見えるまでは真っ暗闇だった。
○○○衛-☆桂の連合にしびれる。桂のオンパレードといったところ。
○○○○○才-9手目俗手の43角が盲点になった。
○○卓○-☆奥が深い。
○○静○-余詰と思ったが二度の桂合がうまい、変化が多く好作。
○鬼○-狭い個所での攻防ですが、変化も仲々面白く巧い作品です。
○沢○○-2段桂合をとることばかり考えてしまった。変化紛れともにボリュームがある。
○○賢○-苦心の二段中合と寸前の34桂合が好センス。
○○忍-二段桂合は見えたのに43角が盲点でした。

☆とりあえず香は打ってみるところですが、これに対する応手が読まされます。桂の連続中合に決まるのは見事で、2枚目をすぐには取らないのもいいですね。収束も馬を捨てて見事なまとめで、とても入選2回目の作品とは思えないような出来の良さです。通常ならば月間首位は間違いなく、その上を狙おうかという作品ですが、相手が悪すぎましたね。(明日に続く)

首位奪還ありがとうございます! → banner_04.gif
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://melonsky.blog9.fc2.com/tb.php/894-14873a5b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。