スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年11月号 短24西田弘氏作 


若干広がった形ながらも実戦型で、玉方の守備力は64龍1枚のようなものです。しかしこの龍の守備力がなかなか強く、手の込んだ攻めが必要となります。ちょっと詰み形の想定もしにくいところで、この収束は意外性があるかもしれませんね。

誤1 無4 A24 B16 C1 平均2.56

23角、22玉、13歩成、同玉、14香、22玉、12香成、同香、33角、同玉、43飛、22玉、12角成、32玉、21馬、同玉、23飛成、22金、13桂、11玉、12香、同金、21龍まで23手。

○○包○-64龍がカゲの活躍者、最後の合駒限定にも一役。
○原○-守備の龍に触らないように攻める。
○○健○-☆金っ気がないので、意外と手こずる。収束に香桂を取るのも、意想外でした。
太○○○「次の一手」だと62飛なんだけどなぁ…。
○賀○○-☆小さくまとまった感じ、龍は合の限定と余詰消し、不動だが変化で活躍する。
柿○○○-64龍を相手にしない攻め。
○○○○得-龍には触らない、33角が良い手。
○○司-33角捨て、この手が分からず月末まで持ち越し。
○○○○○才-64龍にさわらないように注意。
○保○○-14歩が邪魔というわかりやすい図式。
○○卓○-33角に気付きにくい。11角としたくなります。
○○凱○-最後の最後迄気の抜けないやりとり。
○○静○-初手が決まっていると楽。
○沢○○-☆常に14の地点をあけておくのがポイント。収束もすっきりと決まる。
○○卓○-☆なんといっても初手のむつかしさと12香成を発見した時の感動。
○○賢○-大捌きの前の小捌き、打ち換えて12香成が渋い。
保○○○○-俗手→打ち換え→即香捨てが見事。
○骨○-歩香打ち換え後パズル的手順が楽しめる作。
○○忍-☆打ち換えた香をすぐ捨てるのが好手。
○○和○-仲々手掛かりが掴めなかったが、23角から43飛、そして14に角を成れたら解決と気付いて光明が見えた。12香成が好手で、打ち換えの効果。
○○登-龍を相手にしない攻め。

☆14歩を香に打ち換えてからの自力消去が主眼で、43飛に24玉とする変化での14角成捨ての余地を作ったものです。後半12角成から香・桂とむしるのが意外な感じで、限定合も出るぴったりの収束がうまく付いたものです。

ご協力お願いいたします! → banner_04.gif
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://melonsky.blog9.fc2.com/tb.php/904-2badee2a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。