スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年11月号 短25高木道雄氏作 


使用駒からしていかにも軽めの作品なのですが、中合の絡みなどがあり、1年の締めをお任せしました。平均点は予想以上に伸びたものの、相変わらず担当の検討が杜撰で、合駒の非限定があったのはもったいないことでした。

誤5 無10 A25 B6 C0 平均2.80

21桂成、23玉、24歩、12玉、23歩成、同玉、25香、24歩、同香、13玉、14歩、同角、23香成、同玉、25香、同角、24銀右、12玉、22成桂、同玉、33と、11玉、13香、21玉、12香成、同玉、23銀成、11玉、22とまで29手。

○○包○-初手を間違えて14歩が打てず困った。変化に45角が出て来てビックリ。2手目12玉も27手にしていました。
荒○○○-非常に悩みました。初手25香が応手を限定して正解かと思ってたが、12歩の消去・香を二本残すのがポイントだった。
○原○-☆派手さは無いけど解後感は良いですね。
○○健○-☆序に2歩禁を避けて、香を残すのが巧妙。長手順捜しで意外と手強い。
印○○-7手目25香に対して歩合が成立するのが不思議な感じ。
○○○○得-25香の発見で一山越える。
○○○○○才-玉方の角を何とかして25に動かすまでが大仕事。
○○卓○-序はかなりイケます。12歩消去は分かっていても気持ち良いです。
○○凱○-41とをいつ動かそうか迷いながら動かさずに詰む。
○○静○-手順が紛らわしい。
○鬼○-序に色々細かいあやがあり、25香を打つタイミングが急所。
○沢○○-似たような局面が多く混乱する。12歩の消去が必要のようだ。
○○賢○-☆一手一手に呼称が付きそうな手筋の競演。
○骨○-☆細かい駒を打って成り捨てる手順に苦しめられたが楽しめました。
○○忍-序盤に25香を打つと金輪際詰まない。巧妙な12歩消去。
○○和○-2手目12玉以下27手が作意だと勘違いしていた。初手25香でも詰んでしまい途方に暮れたが、何の事はない、23玉を見逃していた。早詰に見えるがさに非ず。この手があるので初手25香は不可。7手目と15手目の25香がうまい手。
○○登-小技連発。

☆桂・香・歩を主体にした小技が冴え渡る作品で、12歩の消去から25香の発見がカギになります。ただこれに対する24の合駒が香でも作意同様の手順しかなく、入手した歩を後で叩く構成なのですから気付くべきでした。作者には申し訳ないことをしました。

2005年度分終了ですよ! → banner_04.gif
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://melonsky.blog9.fc2.com/tb.php/906-f88132b4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。