スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年3月号 短11中嶋智志氏作 


記念すべき詰パラ600号ですので、多数の解答を期待して比較的好形の作品を並べました。その中でもすっきりしていてトップバッターには最適かと思ったのですが、思ったようには解答者数が伸びず。ちょっと難しかったですかね。

誤9 無6 A23 B22 C1 平均2.47

11金、同玉、21歩成、同角、13飛、12銀、同飛成、同玉、13銀、同玉、31角、22桂、25桂、12玉、14龍、同桂、13桂成、11玉、22角成まで19手。

足○○○-13飛に銀合が限定になるのと、31角以下の手段が繋がって一局できたということ。駒数を増やさずに適度な変化をつけた序はまあ成功と言えるでしょう。
天○○○-4手目の変化に苦労した。
○○包○-銀合か金合か調べましたが分かりませんでした。
○○健○-☆平凡な着手も、次の変化読みで難しくなる。合駒の桂に龍を取らせて、清涼詰で幕。巧妙ですね。
太○○○-初形から詰上りを想像しにくかったです。
○賀○○-ウルトラ的手順はないが、小ワザを旨くまとめた、と言う感じ。
柿○○○-少ない駒数で合駒も入り合格。
○○薫-実戦的な駒取りでうまく序を整えた。
○○徹-13飛に12銀か12金か悩ましい。
斎○○○-地味な好手、11金。
○○○衛-簡素図式の標本的な作品。但し、12飛に12金合の変化が疑問を感じます。
○○○○○才-簡素な初形がいい。
○○卓○-金合は早いのか…。あぶなかった。
○○静○-初形がよい。
鳥○○○-★こぢんまりした形からこんな手順が出てくるとは。
○沢○○-13飛が好手で合駒も銀に決まる。
○○○将-この収束しかありえませんよねぇ。
○宮○○-変化読まされてやっと辿り着きました。
○○賢○-☆気張らず自然体に好感。
○明○-☆記念号バーゲンセールの入口に相応しい好形、好手順。まずは出足順調。
○骨○-良く纏まってはいるが考え易い。いいもの有り先が楽しみ。
○○忍-4手目同角の変化が難しかった。作意はすっきり好感。
矢○○-4手目の応手、同玉の変化で13桂の手がなかなか見えなかった。
○○和○-解図欲をかき立てる簡素で美しい初形。4手目同玉、6手目金合の変化も面白く、厚みのある作品になっている。
○○登-実戦的な攻防。

☆この初形から2回の合駒が出て、収束で龍が消えるのですから、儲けものといった感じすらします。ちょっと小味ではありますが、変化も結構なボリュームがあり、よくできていると思います。なおこの月から最優秀短評のようなものを設けて解説冒頭に掲載するようにしましたので、その短評は★マークで示していきます。

無理がなくていいですね! → banner_04.gif
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://melonsky.blog9.fc2.com/tb.php/925-91c21df8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。