スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年3月号 短14岡田敏氏作 


投稿図を見た瞬間にびびんと来ました。テーマが明快でいいな、と。これはもう作意を見てもらえば分かると思いますが、案の定というかあまり評点は伸びず。易しめなのと、詰上りがちょっと重いのが災いしましたかね。

誤1 無5 A33 B19 C3 平均2.54

45銀、33玉、42角成、23玉、22金、同玉、32飛、23玉、34銀、14玉、25銀、23玉、24銀、14玉、15銀、23玉、14銀、同歩、24歩、13玉、25桂まで21手。

○利○○-岡田さんらしい軽快作。銀の軽やか、かつ正確なステップは印象に残る。
天○○○-銀が6回も動くとは思わなかった。
○○包○-収束少し残念。ああそうか、銀の動きが狙いだったのか。
○○健○-銀の動きを楽しめ、ですか? 大駒も捌けず、今一ですね。
印○○-銀の動きが見事です。大駒がもう一枚消えれば言う事ないのだが…。
○○○庵-☆一瞬、これで詰み?25銀と引いた時。でも23玉からの第4コーナーが残っていた。
太○○○-☆銀がジグザグに動き、役目を終えると消える感覚が私は好きです。
○賀○○-玉と銀のヤリ取りはユーモアを感じる。狙いが面白い。
柿○○○-銀の動きが面白い。大ベテランの味が出ている。
○○薫-初形を広げて玉位置を不安定にして54香を置いてまでも「手順に45銀と42馬を配置した」のが作者が主張する付加価値か。後半15手が既製では新作とは言えないと思う。
○○邦○-最初の3手に気付くまでが…。
○谷○○-銀のリズミカルな動きに面白味あり。
○○徹-イントロが楽なので手成りでいけます。
斎○○○-攻めの銀が大活躍。
○○司-結局は14で消えてしまう銀、よく頑張りました。
○○○衛-序の追撃は当然として、46銀の捌きが素晴らしい。
○○○○○才-難しい変化はないが、さすがにうまくまとまっている。
○○卓○-☆銀のダンスダンスダンス。
○○静○-銀使いの妙。
○鬼○-リズムに乗って銀がキレイに動くのは、印象的な手順です。
鳥○○○-銀の楽しい大乱舞。
○沢○○-難しいところはないが、銀の活躍ぶりが面白い。
○○○将-二歩の誤答を狙った? 銀の動きが面白い。
○宮○○-☆この銀との攻防は! 思わず見とれて盤上で鑑賞しました。
○○賢○-12歩を必死で守る面白さ。可笑しさ。
○明○-大ベテランの大安売り賞品。
保○○○○-打歩詰になるとは意外。銀の動きが巧妙。
○骨○-銀の動きがコミカルで楽しい。
○杏○-銀の動きは少しだけ面白いが、飛も馬も残る展開ではいまさん。
○○忍-ミニ銀ノコに出会えて嬉しくなりました。
○橋○-22金の手がなかなか見えなかった。
○○和○-★この銀の動きを見よ。巧妙かつ大胆な銀の独擅場。
○○登-銀が大活躍。

☆「銀」という言葉が入っていない短評が数えるほどしかなく、作者の狙いが明快に伝わった様子が窺えます。銀さんにとってはたまらない作品でしょうか。★マークはちょっと珍しい表現の入った短評を選ぶことが多いのですが、本作の場合は「独壇場」でなく「独擅場」になっていたのが決定打でした。

銀のパラダイスですね! → banner_04.gif
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://melonsky.blog9.fc2.com/tb.php/930-71450b5d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。