スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年5月号 短25武紀之氏作 


最近好調の作者ですが、本作で両隣の高校・大学とあわせて3部門半期賞という快挙を成し遂げられました。まったくテンションの落ちない見事な手順で、当然の授賞なのですが、難しすぎて短評が少なくなってしまったのは残念でした。

誤7 無30 A15 B4 C0 平均2.78

63桂成、同歩、54金、同玉、56香、同飛、53桂成、55玉、54成桂、同玉、44金、64玉、65歩、同玉、45飛、55飛、77桂、同馬、55飛、同馬、64飛、同歩、75馬、同玉、76金まで25手。

○○健○-☆今期の最終問題で、全題正解の最大の難関。各処の変化を通り抜けると、鮮やかな収束が待っていた。焦点打、移動合、多彩な手順で難しい。
○賀○○-空中戦、受けに時間を使う。アブリ出しならもっと良かった。
柿○○○-桂の跳躍、飛馬の乱舞楽しめました。
○○薫-☆これはすごい! 逆算ですよね? どうしたらこんな順がつくれるのだろう? 収束5手を「55飛移動合」「77桂、同馬~55同馬」と展開させただけでも十分なのに、さらに緊張感のある逆算をしてしまうとは! 半期賞の有力候補でしょう。
○○徹-「柿木」が誤答。人脳も不安。
斎○○○-53桂成の前の56香に感動した。
○○卓○-傑作! ただ64飛にポイントを置くなら、もう少し短くても…という気はします。
○○凱○-広い範囲にバラ撒かれた駒がきれいにまとまった。
○○静○-初手に迷い、その変化に迷いで、解けたと思うけどマイッタ。
○鬼○-筋良く56香は見えるのですが、序の変化が難解でした。
○○賢○-☆茫洋として先が見え辛い難解作。45飛と出て光が差し、甘美な収束が待っていた。
○明○-ポイントは焦点の56香打かな。両王手の筋で攻めました。
○杏○-★何か出そうな雰囲気ただよう初形から、本当に化け物を出した特A作品。
○○登-膨大な変化の道に迷い込む。

☆序の変化・紛れが手厚く、筋を掴むのは容易ではないようです。56香の焦点打が入って本筋という感じですが、それでもまだまだ大変。収束の派手さもさることながら、そこからこの序盤へ繋げてしまったのが凄いところだと思います。私の担当歴の中でもインパクトの強さという点では、伊田さんの半期賞作品と双璧です。

どうやったらこんなの創れるんですかね! → banner_04.gif
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://melonsky.blog9.fc2.com/tb.php/950-4c8e3c5c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。